『イジメられたらどうするの!?』アメリカのいじめ対策と対処法

留学生活

イジメというのは、どの国にも、どの時代にもあるものです。

「陰険で陰湿なイジメは日本だけのモノ・・・」だと思っている人もいるようですが、それは間違いです。

もしかすると、階級社会であるアメリカの学校のほうが、ヒドイかもしれません。

第一、よく言われる『スクール・カースト』なんて呼ばれるモノがある自体、イジメを助長しているようなものなのです。

あんなモノがあるから、学校生活を楽しめない、可哀想な若者もいるのですヨ・・・。

イジメられる方が悪いだって?

よく耳にする意見で、「イジメられるような人が悪い!」なんてコトも聞きますが、僕はそんなコトは無いとは思います。

悪いのは100%、イジメる方ですヨ。

しかし、イジメられない対策や方法は、考えておくべきだとは思います。

例えば、家に泥棒が入ったら、悪いのは100%泥棒です。それは当たり前です。

しかしやっぱり、『戸締り』や『防犯グッズ』を揃えておくべきなのです。

そのような目に会わないための対策をしておくコトは、賢明なのです。

対策その1 嫌なコトをされたら怒る

日本人というのは、『空気を読む』といいますか、相手の気持ちを考え過ぎる面があったりします。

なので、結構イヤなコトをされても、ハッキリと怒れない人が多いのです。

特に欧米では、意思表示というのは重要で、イヤなものはイヤだとハッキリ言わないと、ホントに彼らはわからなかったりするのです。

なのでマズは、嫌なコトをされたり、言われたりしたら、机を投げ飛ばしてでも、「怒っているんだぞ!」とハッキリ意思表示をしましょう。

対策その2 一芸を持つ

しかし、そんな意思表示くらいでイジメをやめるようなヤツは、まだまだ「イイヤツ」です。

中には「人の気持ちなんてどうだってイイ」ような奴らもいます。そういう人には、いくら怒ったって、変わりません。

そういう場合は、なにか一つだけでも特技を持っていると、態度が変わったりします。

テレビゲームやスケートボード、あとはダンスなんかも良いでしょう。

例えば、僕の場合はギターでした。

ギターを弾こう!

僕は中学に入った頃から、ギターを弾くのが好きで、言葉のわからない外国人が相手でも「お、スゲーな。」と思わせれるくらいの技術はあったのです。

エレキギターというのは、ある程度のテクニックが身についていれば、あとは『顔』です。

チョット難しそうな『顔』さえしていれば、難しいコトをしているように見えるモノなのです。

特に、僕が若かった頃はヘビメタ全盛期でもあり、有名な曲のイントロやソロを弾いたりすると、ちょっとしたリスペクトを得るコトができました。

誰でも「お、スゲーなあ。」と言わせれるレベルのを一つでも持っていれば、結構簡単に友達も出来たりします。

僕のように、楽器である必要はありませんが、できるだけスグに披露できるようなモノがイイですね。

やはり目の前で見せてあげないと、「お、スゲー!」とは、なかなか言いません。

対策その3 ジョークを言う

それでも、何とかしてイジメてやろうというようなヤツもいます。

そういうヤツは病気です。

コッチが本気で困っていても、そういう人達は、イジメを楽しんでいるので、一向にやめません。

では、そんな人達を、どうやってやめさせるかと言いますと・・・、

それ以上に面白い冗談で切り返すのです。

相手はイジメが面白くて、冗談でやっているわけですから、本気で怒ったって「なにマジになってんの?」とか言ってきます。

なので、コッチがもっと面白い冗談を言ってやると良いのです。

その場合は、できるだけ辛辣で、相手が「やられた~」と思うような、ほぼ悪口に近いようなジョークを言うと良いでしょう。

ただし、それには、まあまあのスキルが必要になります。

しかも、それを英語で出来る人なんて、なかなかの上級者でも難しかったりします。

「お前のカーチャン」ジョーク

しかし、ご安心ください。「簡単」に、そして相手をちゃんと「侮辱」できるジョークがあります。

それが「お前のカーチャン」シリーズです。

自分の母親の悪口を言われるのは、誰だってうれしくはありません。

例えば、こう言うの。

Yo mamma so fat I took a picture of her last Christmas, and it’s still printing.
『お前のカーチャン太りすぎだから、去年のクリスマスに撮った写真がまだ印刷中だぞ』

Yo mama is so fat that the National Weather Service names each one of her farts.
『お前のカーチャン太りすぎだから、気象庁がお前のカーチャンの屁に毎回命名するらしいな』

「お前のカーチャン」シリーズの中でも、この『お前のカーチャン太りすぎで・・・』というクダリは、実はもうアメリカでは定番で、インターネットを調べると、もう沢山でてきます。

しかもアメリカのお母さんなんて、8割は実際に太りすぎなんです。

まとめ

ただ、本当は、そんな簡単にイジメを回避できるかどうかは、ちょっと難しいトコロでもあります。

僕自身も、アメリカでは「日本人だから・・・」という理由で、からかわれたコトもあるのです。

そういうサイクルに入ってしまうと、抜け出すのは簡単ではありません。

人間関係というのは、やっぱり難しいものですが、悲観的になりすぎず、自分の良さを見つけてくれる人を、根気よく探してみましょう。

きっと良い友達もできることでしょう。

コメント