【スタディサプリ ENGLISH Lv.7】「外国の中華料理」と「色んな人種と理解を深める」という事

留学生活

よく外国の刑事ドラマなどで、縦に長い入れ物にお箸をつっこんで、なにやら麺類を食べているシーンが出てきたりします。

入れ物の箱にはだいたい赤いドラゴンが描いてあり、中国っぽいフォントの英文字が並んでいます。

アメリカの中華というとなぜかテイクアウトのイメージですよね。

「外国の中華料理」と「色んな人種と理解を深める」という事

僕が通っていた(アメリカの)大学は、すごく田舎にあったので、中華料理屋さんは個人がやってる一軒しかなく、日本の味が恋しく(?)なり、一度だけ行ってみたのですが、やはり日本のそれとは大きくかけ離れたものでした。

まず、八宝菜のような「何か」が出てきたのですが、ほぼスープで、大根のような食感の丸い薄切りの野菜が印象的でした。(しかも、この謎の野菜が何度も出てくる!)

次に「スイートアンドサワーポーク」とメニューに書いてあった料理なのですが、恐らく「酢豚」なのだろうと思い、注文して出てきたのが、ピンク色のソースのかかった豚のてんぷらでした。

両方とも「不味い」とは思わなかったのですが、なにしろ日本のものとは随分違うので、残念な気持ちだったのは覚えています。

ただ、卵スープと炒飯だけは日本のものに近かったかなあと。

それから年月も経ち、ある時、ヨーロッパで中華を試してみたいなあと思い、現地の人にそう伝えたのですが、二人ともえらく「微妙」な顔をするのです。

欧州では中華料理は市民権を得てないのか、それとも中国人の作る料理を信用していないのかわかりませんが、彼らもどうも初めて行くようで、「なぜそんなところ に・・・?」みたいなことを言うのです。

でも、せっかくなので僕は行きたいと言うと、意を決したようで、皆で行く事にしました。

・・・で、出てきたのがやっぱりピンク色のソースのかかった豚のてんぷら。やはり「スイートアンドサワーポーク」はコレが正解なのでしょうか?

僕は中国へはいった事がないので、本場の味は知りませんが、ヨーロッパの中華は、ほぼアメリカのものと良く似ていて、もしかしたら日本の中華が「日本アレンジ」をしてあるものなのでしょうか?

そういえば、パンダエクスプレスってもう日本にはもう無いのですね。これも残念ですね。

もしかすると日本人は中国人の次くらいに中華料理が好きなのかもしれません。

中国人は好きですか?

しかし、日本人が中国人のことを好きかと言われると「それはどうかなあ」と思います。

もちろん、最近の政治的な理由もあったりしますが、もうちょっと根本的な所に理由がありそうです。

例えば、「日本人は白人コンプレックスみたいなものを皆もっている」などとよく言われますが、僕が思うには、そんなこともないと思います。

大抵の日本人は日本人が一番だと考えているように思えます。

和食や和菓子、日本車や文房具に至まで、日本人は日本のものが一番すばらしいと思っているのではないでしょうか。

(そうではないと言っているのではありません。もちろん日本のものはすばらしいです。)

僕は、人それぞれに「人種別(国籍別)ヒエラルキー」のようなものを持っているのではないかと思っています。

あってはいけないことなのですが、白人が一番上で、肌の色が濃くなるにしだがって下になっていくという、いわゆる「白豪主義」な人も実際にいますし、また逆に黒人が一番といった、一時期のブラックパンサー運動のような思想を持った人もいるでしょう。

日本人はそのような過激な行動を起こすことは無いようですがやっぱり「自分たちが一番である」と思っている気はします。

人のこと中国人だなんて失礼な!

一時期は「爆買い」なんて言葉もはやったくらい、中国の方は日本に買い物に来ています。

それは日本の商品のクオリティーが高いからという理由も一つですが、実は大きな理由は「中国よりも安いから」だそうで、日本はすでに物価もお給料も中国に抜かれているのが現状なのだそうです。

だからと言って「彼らを敬え」とは言いませんが、それでもなんとなく日本人は彼らをあまり歓迎しているようには思えないのです。(もしかして他の国も?)

あるとき、僕が高校生の時に、数人の日本人の友達とサンディエゴの町を歩いていたのですが、前からアジア人のグループが歩いてきてすれ違ったのです。

そして日本語の声が聞こえてきて「多分チャイニーズだよね・・・」と言われたようで、それを聞いた僕の友達の一人は憤慨して言ったのです。

「人のこと中国人だなんて失礼な!!」

気持ちがわからないこともないのですが、それはあまりにも中国人に失礼だし、じゃあアメリカ人と間違われたなら嬉しかったのかと思うとちょっと情けない感じもします。

ただ、中国人も日本で日本人に間違われたら嬉しいと言っていた(人もいる)のでその辺は複雑ですね。

でも、その昔「カンフー映画」が流行っていた頃は、日本の若い男の子はみんな中国人カンフーマスターのマネをしていた時期もあったのです。もしかするとそういうのにも流行はあるのかもしれません。

結局は、色んな人種や国籍の人と付き合って、信用と尊敬のできる友達が出来れば解決に近づけるのではないかと思います。

コメント