英語で男性をホメる言葉って『種馬』?

英語の豆知識

もう日本であまり聞きませんが、『男の中の男』という表現があります。

コレは、「男前」であったり、「男らしい」という意味で、とにかくカッコイイ男性のコトを表し、悪い意味で使われるコトはありません。

英語でこの表現をしようとすると、「He is the man!」といい、直訳すれば「彼がその男だ!」みたいな感じですね。

『女の中の女』という表現が一般的で無いのと同じように、英語でも「She is the woman!」という言い方はマズしません。

なんででしょうね・・・?

ココでも何度か書いているように、外国(特にアメリカ)では、筋肉質な男性の方がモテます。

日本では、「細マッチョ」みたいな人が「カッコイイ」とされていますが、アチラではあんなのは「マッチョ」の内に入りません。

「ゴリマッチョ」なほうがモテます。というか、ほぼゴリラのほうが良いのです。

男性的な特徴が、ハッキリしている男性の方がモテるわけです。

女性も同じように、女性的特徴がハッキリしている女性のほうが、魅力的とされていて、特に最近では「ひょうたん」型体型の方がモテるようです。

やっぱり、日本とは違いますね・・・。

男らしさ

さて、一体ナニを「男らしい」とするかは、人によって違うかもしれません。

毛深かったり、汗クサかったり、肉体的な特徴もありますし、正義感があったり、スケベだったり、性格的な面だってあるわけです。

Stud=種馬?

先ほどの「He is the man!」という言い方は、「信頼できる」という意味合いもありますので、どちらかというと、性格面の男らしさを指しているように感じます。

では、肉体的な「男らしい男性」を言う場合は、どういう言い方をするかというと、

「He is a stud!」

なんて言い方をするのですが、この「Stud」という言葉を辞書で引くと、「びょう」とか「スパイク」という意味の他に、なんと「種馬」という意味があります。

もしかして、「種馬」の意味を知らない方もいるかもしれませんので、少しだけ説明すると、種馬とは繁殖用の雄馬のコトでして、優秀な遺伝子を残すために、雌馬と交尾をするのが仕事のウマのコトです。

もちろん、今では英語でも「信頼できる男性」の意味でHe is a stud!という人もいますが、本来の意味はやっぱり「性欲絶倫男性」という意味だったのです。

イタリアの種馬

ただ、この「Stud(種馬)」という言葉自体も、もともとは「種馬」の隠語(スラング)のようで、実際に「種馬」を英語に訳すと「Stallion(スタリオン)」というのが正しいようですね。

しかも、この「Stallion(スタリオン)」という言葉をイタリア語にすると、「stallone(スタローネ)」、そしてコレを英語読みすると「スタローン」になるわけです。

そうです。シルベスター・スタローン。ロッキーの「スタローン」です。

あの有名な映画「ロッキー」では、主人公ロッキーバルボアのニックネームが「イタリアの種馬」というコトで、アポロに面白がって対戦相手に選ばれますが、この「イタリアの種馬」というのは、スタローン自身を指していたのです。

種馬がカッコイイ?

しかし、いくらアメリカでは「男らしい」男性がモテると言っても、性欲絶倫の「種馬」というのは、ヒドイ感じはしますヨネ。

第一、そういう「ヤリ手」の男性というのは、そもそもモテるから「ヤリ手」なわけで、「ヤリ手」だからモテるというコトではないハズなのです。

逆は無い!

しかも、この男性の「Stud」に当たる言葉で女性の場合はというと・・・、

やっぱり「Bitch」でしょう。その意味は『メス犬』。

この「Bitch」という言葉は、日本語では「尻軽女」や「あばずれ」とか訳されていて、良い意味で使われるコトはマズありません。

(最近では、黒人ラッパーや若い子たちの間で「友達」や「イイ女」の意味で、「Bitch」が使われる場合がありますが・・・。)

基本的に男女平等を謳っているアメリカでさえ、「ヤリ手の男性」=「男らしくてカッコイイ」という認識なのに、「ヤリ手の女性」=「尻軽女」なのです。

なんかヒドイ気がしません??

わからないでもない。

でもまあ、女性の方々には申し訳ありませんが、その認識はある意味、正しいですよ。

というのも、男性が「ヤリ手の男性」になるには、まあまあの努力が必要ではありますが、女性が「ヤリ手の女性」になるためには、男性ほど努力は要らないハズなのです。(違います??)

たとえば、男性が、2桁以上の経験人数を持つためには、先ずはそこそこの財力が必要です。
そして、そこそこの見た目と、アメリカだったら、チョットした筋肉質ボディーも必要なわけです。

しかし、女性の場合は、ガードさえ下げれば「ありのままの自分」でいるだけで、2桁達成は、そんなに難しいコトでは無いと思います。
(もちろん、ちょっとムリな人もいるでしょうが、「一般的な男性と比べると」という意味です。)

コレは、別に日本やアメリカだけではなく、世界的にそうではないでしょうか・・・?

「種馬」になれる男性は、やっぱりスゴイ男なのです。

コメント