【スタディサプリ ENGLISH Lv.2】バイリンガルは脳が老化しない??今からでも英語学習は遅くない!

英語の豆知識

外国人妻を持つ、私Buさんには、一つ大きな心配があります。

それは、妻がそのうち、おばあちゃんになって『日本語』を忘れてしまったらどうしよう・・・(!)という心配です。

前にも言ったかとは思いますが、僕は妻の母国語が一切わかりません。

全くです。ゼロです。

もし、このまま2人で歳をとって、妻が『ボケ』てしまって、日本語を話さなくなったら、もうお手上げ状態になってしまいます。

いまからでも、アチラの言葉を勉強するべき?ですかね・・・。

バイリンガル教育は頭脳に良い!

記事自体はずいぶん古いようですが、コチラのニューヨークタイムスの記事。
Why Bilinguals Are Smarter

最近よくささやかれているコトですので、耳にされた人もいるかもしれませんが・・・、

幼少期のバイリンガル教育は、子供の発育にとって良くない。

・・・というのを聞いたコトはありませんか?

その理由は、2つの言語で子供が混乱してしまって、知的成長が妨げられるという理屈だそうです。

しかし、先ほどの記事のなかでは、その「妨げ」は存在するとしても、それを克服することで脳の理解する力をより強めるというのです(!)。

日本のお母さんたちが、子供になんとか英語をしゃべらせようと、小さいころから英語のCDを聞かせたり、DVDを見せたりしていた、あの努力はムダではなかったということですね。

ある心理学者がバイリンガルの子供に色々なテストをさせてみたところ、特に、邪魔なモノを無視して集中できる力や、注意の対象を切り替える能力に長けているそうです。

子供に外国語を教えるのは、言語以上に、注意力や集中力を高めるようです。

人間、集中力さえあれば、結構何でもできたりするものですからね。コレは良いですよ。

子供だけじゃない!!

しかもウレシイのは、この「脳の活発化」は、子供のみだけではなく、比較的後に第2言語を学んだ人にも現れるそうですよ!奥さん!

先ほどの記事の中で、ある神経心理学の学者さんは44人の『スペイン語-英語バイリンガル』の高齢者をテストしたところ、彼らのそれぞれの言語能力に沿うように、痴呆症やそのほかのアルツハイマー症の抑制が見られたそうです。

ワタシもうオバサンだし・・・とか言わないで、がんばって英語を勉強しましょうよ!アルツハイマーなりたくないでしょ?

脳を使う


やはり、ムカシから言うように、脳を使うのは良いようですね。

英語だって、他の趣味と同じように、最初は難しいですが、でき始めると面白いですよ!

洋画とかも字幕無しで見れますし、外国人と話すのが楽しくなります。

知識だけでなく、性格にも良い影響を与えてくれるでしょう。

・・・って、たった今、妻のほうが僕よりも友達が多い理由がわかったような気が・・・。

コメント