【スタディサプリ ENGLISH Lv.6】外国人女性の『太ももが太いわけ』と海外セレブの『下半身エクササイズ』

外国文化

今回は、外国の文化といいますか・・・、なぜ彼らがあんな体形をしているのかというお話です。

特に今回は、みなさんもしかして気付いているかもしれない部分。

そうです。外国人女性の「太もも」がゴツい理由ですね。

もちろん、人種の違いもありますので、遺伝の関係も大いにあるのですが、ただそれだけではない、実は「文化的な理由」もあったりするのです。

今回はそう言った部分についてお話してみましょう!

外国人女性の『太ももが太いわけ』と海外セレブの『下半身エクササイズ』

僕がどれだけ洋楽派でも、やっぱり子供たちまで遺伝はしなかったようで、娘たちなんかは、やっぱりイマドキの日本のバンドなんかを聴いております。(ソレが悪いわけではありませんが・・・。)

業を煮やした僕は、「エンターテイメントやパフォーマンスって、やっぱりアメリカのほうが上だよ! ちょっとコレ見てよ。」と、ノートパソコンを広げて、YouTubeをつけたのでした。

そして僕は胸高々に、2016年のスーパーボウルのハーフタイムショーを子供たちに見せたのですが・・・。

コールドプレイのノリノリチューン(しかもメッセージ性も強い!)からの、ビヨンセ&ブルーノへの流れは、いくら子供(&邦楽好き!)でも、この良さはわかるハズ!・・・と、思っていたのですが・・・、

・・・どうも娘たちはこの映像を見て、ほかのコトが気になったようなのです。

何だと思います?

アメリカ人女性は太りすぎ?

そうなんです。

子供たちはこのビデオを見て、音楽やパフォーマンスよりも、ビヨンセとそのバックダンサーの女性たちの体型が気になったようなのです。

娘たちにとって、このビデオに出てくる女性達は「太り気味」なのだと。

そうかなあ・・・、まあ、そうかもなあ・・・。

日本では、あまり聞いたことが無いかもしれませんが、ビヨンセさんは、デビュー当時から「ぽっちゃり体型」というのがウリでもありましたので、いまさら驚くコトでもありませんが、バックダンサーはどうでしょう?太ってます?
(もしかすると、コノ時すでにビヨンセさんは妊娠していたかもしれませんし・・・。)

もちろん、アメリカ人の女性は「ふくよか」な方がたくさんおられ、前にも言ったかもしれませんが、アメリカでの女性の平均体重は74kgだそうです・・・。

小さい人も、痩せた人もいますから、平均をこんなにも上げれる、モノ凄~い方がいらっしゃるのでしょう。

しかし、ステージでダンスを披露するような人たちが、普通の人たちと同じような平均体型で良いのでしょうか・・。

ただ、この場合は、さすがパフォーマンスに厳しいアメリカとも言うべく、メインのビヨンセさんにダンサー達の見た目を合わせているようですね。

ビデオをよく見ると、体型も、髪型も、身長まで、(あと人種も?)ぴったりと合っているでしょ?

そういうパフォーマンスなのです。

・・・って言うか、べつに太ってないし??!

『もも』が太い?

いや、でもですね。

やっぱり、最近のアメリカ女性の「流行」といいますか、「トレンド」としましては、『もも』が太いのが良いみたいです。

たとえば、『海外美人女優』なんて言葉で画像検索しますと、まあ、みなさんボリュームのあるコト。
参考⇒20代の海外美人女優【2016年に最も活躍したベスト20】|これだけ知ればハリウッド通!

何度か言っていますが、欧米では、女性は女性らしく、男性は男性らしいほうが好まれます。

簡単に言うと、男性は逆三角形で、女性はひょうたん型が良いようです。

男性のコトは今回無視するというコトで・・・、女性の場合は『オシリ』も『胸』と同じくらい評価の対象とされますから、『もも』もしっかりしていないと、バランスがおかしくなるわけです。

日本の女性の多くは「スラッとした足」を目指して、日々努力されている方が多くいるようですが、欧米女性はそれ以上に、『オシリ』のボリューム・アップに励んでいまして、足が細すぎると『貧弱』に見えてしまうわけです。

もちろん、アチラの人のほうが、足が長いからという理由もあるでしょうが・・・。

『もも』が太くなる、もう一つのトレンド

実は最近、欧米女性の『もも』が太くなる、もう一つの流行があります。

それが「下半身エクササイズ」でして、腰から下を徹底的に鍛え上げるというモノだそうです。

コレは、日本でよく言う「下半身を痩せさせる」というモノでは無く、どちらかというと、下半身に筋肉を付けるの目的だそうでして、海外セレブなんかは、ジムに行ってはせっせと器具に乗って、筋力アップしているのだとか。

まあ、彼女たちが目指しているのは、いわゆる「ひょうたん型」ですから、『もも』が太くなるコトを恐れてはいません。

しかし、彼女たちは闇雲に鍛えているわけではなく、ちゃんとした理由があるのです。

それが『消費カロリー』

人間のカラダの中で一番大きな筋肉が、オシリの筋肉(大臀筋)、その次に大きいのが太ももの筋肉(大腿筋)、コイツらを鍛え育て上げてやると、モリモリ、カロリーを消費してくれるわけです。

そう、この筋肉たちを活発にしておくだけで、日常の生活でもカロリーを使ってくれるのです。

やっぱり海外のセレブだって、お金はあるわけですから、良いモノをイッパイ食べたいのですよ。

でも、太りたくはないのです。

なので、彼女たちはヒップのボリュームアップも兼ねて、下半身の筋肉を鍛えるわけです。

キム・カーダシアンに学ぶ?

もちろん、なかにはキム・カーダシアンさんのように、「ちょっとやりすぎじゃない??」って人もいます。
参考画像⇒kimkardashian インスタ

「外国人は背が高いからバランスが取れている」と思う人もいるでしょうが、実はこの方、身長157cmと、日本人女性と比べても小柄な方なのです。

海外セレブとして有名な彼女ですが、一応職業としては「モデル」だそうです。

しかし、写真をみるとおわかりのように、我々が普通に思っているいわゆる「ファッション・モデル」では無いのは明らかですよね・・・。

現地アメリカでは彼女はリアリティーショー(ドキュメント番組)『カーダシアン家のお騒がせセレブライフ』で有名です。

この番組を英語で楽しむには、まあまあの英語力が必要になりますが、TVCMでもおなじみのスタディサプリ・イングリッシュで、英語力をチェックしてみて、レベル5~6もあれば十分でしょう。

気になる方はこちらから(無料)チェックしてみましょう!

無料会員登録後、「レベルチェック」ボタンをクリック。

このような画面になったら、次へを押します。

そして見事「ユカ先生」に出会えれば、「レベル6」!!

TOEICでは700点!英検2級ホドです。高校卒業上級のレベルです。これはなかなかですよ!

でもまあ、英語がわからくても結構面白かったりしますけどね・・・。

服装の理由?

またこの番組では、彼女はカラダのラインがハッキリとわかる「際どい服」(そもそも服を着てない場合も多い?)を着ているコトもおおく、お父さんも大満足。

しかし、彼女がそんな服ばかり着る理由もちゃんとありまして、実は、体型を隠してしまうようなブカブカな服だと、大きな胸と、オシリのトコロで縦ラインになってしまうのです。

そうです。太って見えてしまうのです。

なので、彼女のような胸やオシリの大きな女性は、腰のくびれがわかるようなタイトな服が良いそうで、そんな服ばかり着ています。

女性にとっては痩せて見えるし、男性にとっても嬉しい(?)、一石二鳥なファッションなのです??

日本では・・・流行るかなあ??

さて、今まで日本は、アメリカの流行りを後追いしてきたり、しなかったりと、いろいろではありますが、今回はどうでしょう?

この『下半身筋力アップ』とタイトな服装。日本で流行るのでしょうか・・・?

まだまだ日本は「スリム」信仰が強いので難しいかもしれませんが、日本人だって全員がスリムなわけではありませんからね。

なにかとこの流行からは学ぶことがあるような気がします。

コメント