【スタディサプリ ENGLISH Lv.6】アメリカ人の『写真映り』への執着は異常【アメリカ人あるある】

英語の豆知識

日本の証明写真というのは、皆さんもご存じのように、真正面から無表情で胸から上を撮るモノで、卒業写真なんかもそんな感じですよね。

なんかガチガチの表情で、見てるこっちも緊張が伝わってくるくらいです。

しかし、証明写真なのですから、本人の顔がちゃんとわかればそれでいいわけで、あまり表情豊かでも変な気がします。

身分を証明するため写真ですから、いつも笑っている人以外は笑ってはいけない(?)のです。

アメリカの証明写真

実はアメリカでも、証明写真を撮るときは「あまり笑わないように」と言われるのですが、彼らはカメラを向けられると条件反射で笑顔になります。

なので、結構な割合で笑顔の証明写真だったりするのです。

しっかり歯なんかも見えていたりします。ホントはダメなのに。

卒業写真なんかは、もう何がそんなに面白いのかわからないくらい、全員笑顔。

しかも彼らの卒業写真というのは、真正面から撮りません。

イスに座って、ナナメ30度ほど横に向いてからの笑顔です。だから、どの写真を見ても、肩がナナメを向いているのです。

なんかニュースキャスターみたいでしょ?

彼らは真正面から写真を撮られるコトに馴れていないのです。

ちなみに、卒業アルバムは英語で「Graduation album」ではありません。

「Yearbook」といって、卒業生だけではなくその年の全校生徒が載っていますが、やっぱりメインはその年に卒業する最高学年(英語でseniors)の生徒たちだったりします。

写真用の顔

さて、アメリカ人は小さい頃から、写真に良く写るように教育されていますから、彼らはそれぞれに『写真用の顔』というのを持っています。

アメリカ人は写真を撮るときには、いつも同じ顔をするのです。

例えば、オバマ大統領の公式の写真(他の国のリーダーと握手する時の写真等)を見ると、どれも同じ顔だったりします。

大統領だけではありません。アメリカ人の女の子なんかは、ドコでどんな写真を撮っても、同じアングルで、同じ表情の、同じ顔をしている子が結構いてます。もう魔法のように。

なので、SNSなんかの自己紹介写真でも、そんな女の子は「天然フォトショップ」みたいなモノですから、信用なんてできません。

逆にヨーロッパの女の子は「ワタシ写真では全然ダメなの・・・」って言う子が結構いたので、違いは一体何なんでしょうね。やはり文化の違いなのでしょうか・・・。

英語で写真を撮ろう!

英語で「ハイ、チーズ!」は「Say cheese!(チーズって言って!)」と言います。

「チーズ」と言っている表情が笑っている顔に似ているからですね。

もちろん「笑って(Smile)!」なんかもよく言います。

「もっと寄って!」なら「Squeeze together!

「目をつむっちゃダメよ!」は「Don’t blink!
(これを日本人が言うを笑われたりしますが・・・。)

「アナタも入る?」なら「You wanna come join in?

などなど、覚えておくと良いでしょう。

英語力が心配な方は、TVCMでもおなじみのスタディサプリ・イングリッシュで、英語力チェックしてみてはいかがですか?

こちらから(無料)チェック!

無料会員登録後、「レベルチェック」ボタンをクリック。

このような画面になったら、次へを押します。

そして見事「ユカ先生」に出会えれば、「レベル6」!!

TOEICでは700点!英検2級ホドです。高校卒業上級のレベルです。これはなかなかですよ!

家族写真

アメリカ人は、家族の写真を、家や職場に飾ります。

コレは正直、良い習慣だとは思います。

ただ、日本のビジネスマンなんかは、そういう彼らの習慣を見て「成功している人は家族写真を仕事場に飾るのだ!」と、短絡的に考え、マネをする(それは良いコト)人もいるようです。

しかし、それは『成功している人は、朝にトーストを食べている!』と言っているのと同じくらい、アメリカ人にとっては、まあまあ普通のコトですので、ビジネスで成功したいのであれば、マネをするトコロはそこでは無いような気もします・・・。

あ、でも、良い習慣であるコトは確かだとは思いますので、もし、やっているのであればヤメる必要はないですよ!

ついでに、彼らの「家族写真」というのは、プロの写真屋さんに撮ってもらう、ちゃんとした写真です。

お正月に、じーちゃんとばーちゃんと、一緒に玄関に並んで、とーちゃんだけが写ってナイ(写真撮る人だから)みたいな素人写真ではありません。

衣装なんかもちゃんと合わせたりして、ポーズや照明の位置まで考えた、いわゆる肖像画の延長にあたる、一つの芸術作品として家族写真を撮るわけです。

そりゃあ予算なんかも、少々はっているモノですから、しっかり飾りたいわけですよ。

なので、アメリカ人のお家へおじゃましたりなんかすると、結構一番いいトコロに、ドカンと飾ってあるのです。

殆どの場合は、子供たちなんかも可愛く、皆で白シャツにジーンズとか同じ衣装で合わせてたりして、微笑ましい家族写真だったりするのですが、ちょっと凝ってる家族なんかは、みんなでスターウォーズのコスプレとかして、まあ、感想に困るようなのもあったりします。

ただ、やっぱり家族を大切にする彼らは羨ましいですよ。

何より、写真がみんな、楽しそうです。

そういう面は見習わなければなりませんね。

コメント